2020 天皇賞・春 サイン読み結果と回顧

この記事の基本的な予想のスタイルは、サイン読み予想です!

血統・調教・データ分析・コンピ予想とか、正当派の方には向いておりません・・・
サイン読み修業中(妄想中)の身なのでゲーム感覚で軽く流してくださいね。。。(汗)


さて、2020年5月3日(祝・日曜)京都競馬場・芝3,200メートル(14頭)で行われた
第161回 天皇賞・春 G1 レースの結果は以下です。 

1着 【8枠】⑭ フィエールマン   牡5 ルメール  1人気
2着 【4枠】⑥ スティッフェリオ  牡6 北村友   11人気
3着 【4枠】⑤ ミッキースワロー  牡6 横山典   4人気


【1枠】① モズベッロ     牡4 池添   森田 (ハンサム)  5人気
【2枠】② エタリオウ     牡5   川田  友道 (得たりおう) 6人気
【3枠】③ トーセンカンビーナ 牡4 藤岡康 角居(冠名+母名)  7人気
【3枠】④ ダンビュライト   セ6   松若   音無 (パワーストーン)8人気
【4枠】⑤ ミッキースワロー  牡6   横山典 菊沢(ツバメ)   4人気
【4枠】⑥ スティッフェリオ  牡6   北村友 音無 (オペラ作品) 11人気
【5枠】⑦ ユーキャンスマイル 牡5   浜中  友道(笑ってごらん) 2人気
【5枠】⑧ キセキ       牡6   武豊   角居 (奇跡)   3人気
【6枠】⑨ ミライヘノツバサ  牡7   木幡巧 伊藤大(未来への翼)12人気
【6枠】⑩ メロディーレーン  牝4   岩田望 森田 (椿の品種) 13人気
【7枠】⑪ メイショウテンゲン 牡4   幸   池添兼(天元、碁盤の中心点)10人気
【7枠】⑫ シルヴァンシャー  牡5   Mデム 池江(アゼルバイジャンの宮殿)9人気
【8枠】⑬ ハッピーグリン   牡5   和田   森(うれしそうな笑い) 14人気
【8枠】⑭ フィエールマン   牡5  ルメール 手塚(気高く(音楽用語))1人気


令和となって初! 春の天皇賞ですが、5月3日(祝・日曜)開催です!!
これまで、同日開催された同レースは下記の3回で結果は、、、

2015年 第151回 ゴールドシップが、  2番人気で優勝(枠1-7、馬1-14-2) 
2009年 第139回 マイネルキッツが、12番人気で優勝(枠1-2、馬2-4-12)
1998年 第117回 メジロブライトが、  2番人気で優勝(枠4-6、馬5-9-10)

何れも、2番・12番人気が優勝しており、1番人気は馬券になりませんでした。
今回2番人気(前日最終)「ユーキャンスマイル」は注目です!?
2桁(10・12・10)人気も馬券となっているのでワクワクします!!??
さて今回は、どうなるのでしょうか???  
⇒2番人気は4着、2桁(11)人気 2着

       

GⅠヘッドラインから、、、

伝統を繋げ、新たな最強譜を歴史に刻み込む。

冒頭の「伝統」は気になります。これが「繋」がれるなら・・・連覇か!?
「最強譜」から「譜(音楽の曲節を符号で表したもの)」なら・・・
音楽関連は注意でしょうか!?  1・2着とも音楽関連でした♪♪



さて「伝統」が使われたレースで見ていきます、、、

2020年2月23日 第37回フェブラリーステークス 
豪傑の刻印、砂王の伝統。
枠6-8-5、馬12-15-9  モズアスコット(ルメール) 1人気

2019年10月27日 第160回天皇賞(秋)
伝統の秋冠、時代の頂点。
枠1-5-3、馬2-9-5   アーモンドアイ(ルメール)1人気

2019年4月28日 第159回天皇賞(春)
矜持を誇れ、最強を決して来た伝統の輝きがある。
枠7-5-6、馬10-7-8  フィエールマン(ルメール)1人気

2017年11月12日 第42回エリザベス女王杯
品格が伝統を築き艶やかな女王の歴史を紡ぐ。
枠3-2-5、馬5-4-10  モズカッチャン(Mデムーロ)5人気

2017年4月30日 第155回天皇賞(春)
長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。
2-3-8、3-6-15(17) キタサンブラック(武)1人気

2015年5月3日(祝日・日曜) 第151回天皇賞(春)
強靭さを語り継ぐ古都の伝統、揺るがぬ自信に魂が進化する。
枠1-7-1、馬1-14-2 ゴールドシップ(横典)2人気

此処のところ、ルメールの1番人気で優勝が続いております。。。
枠からは「5枠」も有力か??
見事に、ルメール騎手1番人気に応えてくれました!!




「ポスター」から、、、
伝統にワクワクする、春がきたっ。

また、「春が来た。」ではなく…「春がきたっ。」
仮名の「きた」と、小さな「っ」がポイントなら、、、
「キタサンブラック」がヒントなら「連覇」でしょうか・・・!? ⇒読み通り!!
又は「北村(きた)騎手」の「ステイ(ッ)フェリオ」かなぁ・・・!? ⇒ズバリ!!
「スティ」で、「スティホーム」の時節にも合いますね??
「ワクワク」の意味は(高配当か!?)気になります。。。


伝統は、走り続ける。

ここでも「伝統」が走り「続ける」と言っておりますね。。。
素直に、⑭フィエールマン からの相手探し!?
NHK朝ドラ「エール」(音楽関連)が入っているのも気になります。
来週の「NHKマイルカップ」に向けてのヒントかもしれませんが、、、


名馬の肖像「メジロブライト」から、 
「ダンビュライト」・「ミライヘノツバサ(母「タムロブライト」)」も押さえます



予想は、

枠:5枠・8枠本線 (押え4・6枠)
馬:⑦・⑭から、⑤・⑧(△②・④・・⑨)へ
妄想馬:6枠⑩唯一の牝馬「メロディーレーン」
    6枠が「ミライ・望来(みらい)」若手2世ジョッキー同居
    ⑨⑩が「きたっ」なら「こ(わた)・い(わた)」で「ワタワタ(ワクワク)」(笑)
    ⇒妄想は「12・11着」で「終わった・終わった(おワッタ・おワッタ)」 (泣)

    

この記事へのコメント